在籍確認と本人確認の電話について

電話の挨拶

 

◇在籍確認とは

カードローンを申し込んだ後に審査の段階で必ず行われるのが在籍確認です。在籍確認は、金融機関がカードローンの申し込み者の勤務先に電話をかけることです。この電話によってカードローンの申し込み者が実際に働いていて収入があることを確認できます。在籍確認はカードローンの申し込みをした後すぐに行われることもあれば、本人確認書類を送付したのちに行われることもあります。

 

◇在籍確認で聞かれること

在籍確認の目的はカードローンの申し込み者が申し込み書に記載した職場で実際に働いているかを確認するためのものですから、電話で本人であることが確認できればそれで終わります。ですから、詳しいことを長々と聞かれることはありません。もし、在籍確認の電話がかかってきたときに自分が不在でも、同僚や上司が「今、席をはずしています」と伝えてくれれば、在籍確認は終わります。改めて電話がかかってくることはありません。

 

◇在籍確認が無いカードローンはあるか?

在籍確認は必ず行われるものですが、中には在籍確認が行われないカードローンもあります。例えば、消費者金融のモビットでWEB完結の方法で申し込みをすれば在籍確認の電話も自宅にカードやその他の書類が送られてくることもありません。三井住友銀行カ三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があって社会保険証か組合保険証を持っている方ならモビットのWEB完結での申し込みがおススメです。また、消費者金融によっては、直近の給与明細書などを提出すれば、在籍確認の電話をしないところもあります。在籍確認が心配な方はカードローン申し込みの際に書類での在籍確認が可能かどうか尋ねてみてください。

 

◇本人確認の電話について

本人確認の電話や申し込み内容確認の電話は、自分が連絡先として指定した電話番号にかかってきます。ですから自宅を連絡先としていれば自宅にかかってきますし、携帯電話を連絡先と強いれば携帯電話にかかってきます。専業主婦がカードローンに申し込んだ場合は勤務先がないので、本人確認の電話が自宅が携帯電話にかかってきます。専業主婦がカードローンを利用する場合は家族に内緒にしたいと思う方が多いと思うのでその場合は、連絡先を自分の携帯電話にしておけば家族に内緒でお金を借りることができます。本人確認の電話も名前や生年月日を聞かれる程度ですぐに終わります。ただ、金融機関が申し込み内容について確認したいと思う場合は少し詳しく聞かれます。ちょっと面倒ですが、聞かれたことには正直に答えてくださいね。それから、専業主婦がカードローンに申し込むときに夫の会社に確認の電話が入るだろうかと心配する方もいますが、普通は配偶者の勤務先に電話がかかってくることはありません。ただ、申し込みフォームに配偶者の勤務先情報を書く必要がある銀行カードローンもありますので、心配な方は、そのような情報を書かなくてもいい金融機関のカードローンを選んでください。