銀行カードローンは総量規制対象外で無職の専業主婦でも借りれる!

安心してください

 

◇専業主婦でも借りれるカードローンがあります!

専業主婦でもカードローンでお金が借りれたらと思う方もいると思います。ただ、カードローンの申し込みは本人に安定した収入があることが求められるので、無職の専業主婦がカードローンで借りるのは無理と思い込んでいる方もいらっしゃるようです。でも、無職の専業主婦でも借りれるカードローンがあります。

 

◇無職の専業主婦でも借りれるカードローン

無職の専業主婦でも借りれるカードローンとして銀行カードローンをあげることができます。銀行カードローンは総量規制対象外なので、年収証明書がなくても申し込みができます。ちなみに無職の専業主婦が、総量規制対象の消費者金融のカードローンに申し込む場合は、借入額が50万円を超えると配偶者の収入証明書の提出が必要になります。銀行カードローンなら本人確認書類だけで申し込みができます。ですから専業主婦もご主人に内緒でカードローンの契約ができるというメリットがあります。

 

◇無職の専業主婦に融資する銀行は?

すべての銀行が無職の専業主婦でも借りれるカードローンを販売しているわけではありませんが、都市銀行でも地銀でも専業主婦が申し込めるところは以前よりも増えています。たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックやみずほ銀行のカードローンは専業主婦でも申し込みができます。金利は年率14%台で限度額は30万円程度です。

 

◇専業主婦が総量規制対象の消費者金融で借りる場合

総量規制では、年収の3分の1までの借り入れしかできないことになっているので、無職の専業主婦は借り入れができないはずですが、総量規制には例外があり、「配偶者と併せた年収の3分の1まで」は借りれることになっています。それでこの例外を適用する消費者金融なら専業主婦もカードローンで借り入れをすることができます。ただし、契約には配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本を提出しないといけません。ですからご主人に内緒で借りることはできません。また、大手消費者金融には専業主婦のためのカードローンはありませんので、中堅以下の消費者金融に申し込むことになります。ただ、消費者金融には専業主婦を狙ったヤミ金もありますので、専業主婦なら銀行のカードローンに申し込むのが安心だと思います。