信用情報機関に登録されている個人信用情報について

◇信用情報機関とは

クローバー

信用情報機関には全国銀行個人信用情報センター(KSC)のほかに日本 信用情報機構(JICC) 、シー・アイ・シー(CIC)があります。カードローンに申し込んだりクレジットカードを作るときには、自分の信用情報が信用情報機関に登録されることに同意する必要があるので、カードローンなどを申し込んだことのある方なら信用情報機関に個人信用情報が登録されています。それぞれの金融機関はいずれかのあるいはすべての信用情報機関の会員になっていて、カードローンなどの申し込みがあると、申し込み者の信用情報を信用情報機関に問い合わせて内容を確認し審査の可否を決めます。

 

◇信用情報機関に登録されている内容と登録されている期間

信用情報機関に登録される情報は氏名や住所、電話番号、カードローンやクレジットカードの申し込みの事実、契約内容、返済の状況、債務整理や延滞の有無、借り入れ件数や借入残高などがあります。申し込みの事実も登録されているので、もし短期間にいくつもの金融機関のカードローンに申し込んでいればそれも一目瞭然になります。そのような場合いわゆる申し込みブラックになって審査には通りません。申し込みの事実は半年間登録されたままになり、延滞や債務整理の登録は5年間保存されます。また、自己破産や民事再生をすると10年間は全国銀行個人信用情報センターに登録されたままになります。事故情報が登録されているは期間は、カードローンに申し込んでも審査に通りません。

 

◇専業主婦と個人信用情報について

赤い服の女性

無職の専業主婦がカードローンに申し込む場合も信用情報が信用情報機関に登録されます。また、もし結婚前にカードローンを利用していて、まだ完済していないとか他社借り入れが複数件あるという場合は、新たに専業主婦でも借りれるカードローンに申し込んだとしても、信用情報が確認され審査に通るのは難しくなります。ですからまずは、現在の借入を完済してから申し込むことをお勧めします。また、無職の専業主婦がカードローンに申し込む場合、配偶者の信用情報も調査されるのかという不安があるかもしれません。もし、ご主人が5年以内に債務整理をしたことがあると自分のカードローンの審査にも影響があるのではと心配になりますね。ただ、金融機関が信用情報機関に問い合わせるのは申し込み者本人の信用情報だけなので、専業主婦がカードローンに申し込んだからといって同時に配偶者の信用情報が調べられることはありません。ただし、金融機関がすでにご主人の信用情報を持っていて、姓や住所が一致してご主人の信用情報がわかってしまうという場合はあります。無職の専業主婦がカードローンを利用できる条件は「配偶者に安定した収入があること」ですから、ご主人の信用情報がわかってしまった場合は審査に通るのが難しくなる可能性はあります。

 

◇個人信用情報は開示してもらえる

カードローンの申し込みをする際に自分の信用情報にはどんなことが登録されているのだろうかと不安に思うこともあると思います。確認したいのであれば信用情報機関に申し込めば自分の信用情報を開示してもらうことができます。郵送またはインターネット開示で自分の信用情報を確認することができます。